会社概要 お問合せ 個人情報保護法
 
 
 
 
ラインナップ
  当ホームページに関してご挨拶  
注文住宅(建替え)
  災害に強い注文住宅の概要  
    耐震住宅  
    省エネ・エコ住宅  
    自然で健康的な住宅  
    多様化(家族)な住宅  
    地下室・屋上のある住宅  
  注文住宅 制作実績  
  注文住宅に関するよくある質問(FAQ)  
リフォーム
  リフォーム概要  
    人に優しく・事故のないお風呂特集  
    バス・キッチン・トイレ・水回り  
    増築・改築・間仕切り  
    窓・サッシ・玄関ドア  
    外壁・屋根・断熱材  
    床・壁・階段・収納  
    自分で電気を作る(太陽光発電)  
    高齢者住宅(バリアフリー)  
    耐震診断・耐震補強  
    ペットと暮らす住まい作り  
  リフォーム実績  
  リフォームに関するよくある質問(FAQ)  
公共工事 法人工事
  公共工事(施設・公共住宅)  
  マンション・ビルディング 建設  
  制作実績  
  公共・法人工事に関するよくある質問  
秀和建設 会社案内
  会社概要  
  建設関連受賞履歴  
  秀和建設での取組(地域貢献など)  
  取得免許などの告知  
  お知らせ  
  お問合せ  
  関連リンク  
  トップページ  
 
 
 
 
トップページ >> 耐震住宅
耐震住宅
秀和建設の注文住宅は、国が定める耐震基準を満たした設計を行っていますが、更に、耐震を極めた「耐震住宅」があります。これは、大袈裟な装備をするのではなく、耐震+生活向上を目的とした設計が施されています。
これからの耐震を目的とした住宅とはどのような住宅ですか
担当者 平成23年の大きな地震があった事や、平成7年の 阪神・淡路大震災は皆さんも記憶に新しい所だった思います。
また、ここ数年で、台風の大型化や、台風並みの低気圧など、自然の猛威を感じます。
私たち建築会社でも、従来の家作りから、より頑丈で、丈夫で、その上、快適な生活空間が求められています。
しかし、耐震、耐震と過剰になるのも何かと思うこともあります。
担当者 耐震だけにこだわるのではなく、耐震+快適な生活空間を作り上げるという考え方で作られると良いとおもいます。
耐震+快適な生活空間とはどんな空間ですか
担当者 簡単にお話すると、壁や窓などお住まいを支えている部分をもっと強化して、高気密で高断熱なお住まいを作ると言う事です。単純に、壁や窓などが強化されれば、それはそのままお住まいの強化になり、高気密で、高断熱にすれば、1年中、お部屋は、快適な温度に保たれます。このようにすれば、単純なお話ですが、「耐震」「快適な空間」「防音効果」「防犯対策」になります。
そんな事可能なんですか?
担当者 可能ですよ。例えば、1枚の窓枠より、2枚の窓枠にした方が、支える力は強化されますよね。また、防音にも効果が出るし、防犯にも良いと思います。壁だって同じです。話はそれますが、例えば、1階にワンルームのアパートを持ったビルや家は、柱がワンルームに合わせて多くなるので、その分、ビルや家を支える力は大きくなるじゃないですか。
ちょっと大袈裟ですが、理論は同じ事です。
 
耐震補強を更に考え、普通の生活をもっとより過ごしやすいものにする
秀和建設の注文住宅プランなら、国が定める耐震基準はすべてクリアしていますが、しかし、どんなに頑丈でも、今日では、怖いのは地震だけではありません。
台風や猛暑、真冬の寒波なども生活を脅かす自然の脅威です。
しかし、耐震、耐震と、過剰になるはどうかとお考えの方もいるでしょう。
耐震補強をするのと同時に、生活環境も良くする工法があります。
ご自宅を頑丈にすると同時に気密性をもっとよくする
通常の耐震補強とは別に、壁の作りを更に強化する。
また、同時に窓なども2重構造で仕上げれば、ご自宅が更に頑丈になると同時に、気密性が高まります。
まず、簡単に言ってしまえば、普通の住宅の壁の作りより、更に1枚多目の壁を組入れることにより、家を支える力を強化します。
また、窓を2重構造(強化ガラスなど)にする事で、更に耐震効果を高めます。
また、耐震効果を高めると同時に気密性も高くなるので、防犯効果、防音効果、断熱効果も高まり、より快適な生活空間が実現できます。
 
断熱効果の向上は、1年中、お部屋を快適に保ちます。
先ほど壁を強化するとお話しましたが、この作業の中に、断熱材も特殊なものを使用します。これを使用する事で、気密性を高め、断熱効果を作り出します。
断熱効果があがれば、お部屋は温度は常に一定を保ち、何時でも快適な空間を楽しんで頂けます。
例えば、真冬、暖房で暖めたお部屋を空け、2時間程買物に外出しました(外出の際は暖房はOFF)。買い物が終わり、普通のお住まいなら、すっかりお部屋が冷え切っていると思いますが、高気密・高断熱にしたお部屋は、その温度を急激に低下させず、室温を一定に保っておきます。
ですから、暖房の温度の設定や、電源をこまめに切ったり付けたりする習慣を備えれば、暖房費の節約にも繋がります。
また、反対に、夏はお部屋の温度の換気装置が働きますので、暑い室温が溜まる事無く、夏も一定の快適空間を保てるのです。
 
耐震+快適な生活+防音+防犯対策
気密性を高めると言うことは、防音対策にも効果を発揮しますので、夜などは、安眠・熟睡出来ます。
また、窓を強化する事は、防犯上、大変によく、侵入者に対して、5分以内で攻略出来ない住まいには、侵入者は諦めてしまうデータが出ています。
気密性・断熱性を高める事とは、「耐震効果」「快適空間」「防音効果」「防犯対策」になります。
 
よくある質問
冬の季節、高気密・高断熱は、部屋の温度を一定にして、部屋の中の温度を下げ難くする事は理解出来るのですが、逆に、夏の間は、暑い熱が部屋にこもり、逆に不快なイメージがあるのですが・・・・・・
気密性を高め断熱を高めるには、お住まいに換気設備を備え付ける必要があります。
これは、お部屋の温度を一定に保つ為にも必要な設備です。
特に、真夏はこの換気設備が働くので、真夏でもお部屋は快適な空間を保つのです。
また、断熱材とは、暖かさを逃がさないためのものではありません。真夏の外からの必要以上の熱を中に入れない役目も果たすのです。

 
 
 
 
トップページ >> 耐震住宅
 
 
     
     
     
   
     
 
■業務内容(個人)
注文住宅 家つくり マイホーム 耐震住宅 台風 台風大型化 丈夫な住まい造り 丈夫な家 地震対策 猛暑 低気圧
■営業エリア
東京都 埼玉県 (荒川区 北区 豊島区 足立区 台東区 葛飾区 江戸川区 草加市 川口市 )
社名:株式会社 秀和建設
所在地:東京都荒川区西尾久7-42-12
電話:03-3893-5555