会社概要 お問合せ 個人情報保護法
 
 
 
 
ラインナップ
  当ホームページに関してご挨拶  
注文住宅(建替え)
  災害に強い注文住宅の概要  
    耐震住宅  
    省エネ・エコ住宅  
    自然で健康的な住宅  
    多様化(家族)な住宅  
    地下室・屋上のある住宅  
  注文住宅 制作実績  
  注文住宅に関するよくある質問(FAQ)  
リフォーム
  リフォーム概要  
    人に優しく・事故のないお風呂特集  
    バス・キッチン・トイレ・水回り  
    増築・改築・間仕切り  
    窓・サッシ・玄関ドア  
    外壁・屋根・断熱材  
    床・壁・階段・収納  
    自分で電気を作る(太陽光発電)  
    高齢者住宅(バリアフリー)  
    耐震診断・耐震補強  
    ペットと暮らす住まい作り  
  リフォーム実績  
  リフォームに関するよくある質問(FAQ)  
公共工事 法人工事
  公共工事(施設・公共住宅)  
  マンション・ビルディング 建設  
  制作実績  
  公共・法人工事に関するよくある質問  
秀和建設 会社案内
  会社概要  
  秀和建設での取組(地域貢献など)  
  取得免許などの告知  
  お知らせ  
  お問合せ  
  関連リンク  
  トップページ  
 
 
 
トップページ >> 床・壁・階段・収納
床・壁・階段・収納
 
床や壁、階段、収納などのリフォームに関して聞かせてください
担当者 床や壁、階段、収納などはお住まいになられる方の家族構成やご要望を交えてご相談ください。例えば、小さな子供さんが居るご家庭では、メンテナンスしやすい床や壁を選ぶと良いと思います。子供さんが小さい時は、とにかく、汚します。壁の落書きなども消し易い素材のモノがあります。収納も同じで、どんなモノを収納しておきたいのか、家族の成長を考えなら計画を立てるのが大変に効果があります。
家族の成長を考えながら計画を立てる事は大切ですね。
担当者 また、収納のニーズは年々上がっていて、当社では、地下室を含めて収納のご提案をしています。まず、小さなお住まいなら、やはり地下室を収納にすると生活空間が広く使えます。また、地下室は地震にも強いので、大切なモノを収納するにはセキュリティ的にみても大変に効果的です。また壁一面に収納スペースを儲け、引き戸などをつけて置けば、不意な来客の時、戸を閉めるだけ、プライバシーなども守られます。
階段などは如何でしょうか
担当者 階段は、現状のモノを新しい素材を合わせて補修する工事から全てを初めから作り直す工事まで様々です。現状のモノをリニューアルするだけでも見違える良くなります。また、階段をリフォームする場合、子供やお年寄りの居るご家庭では、足元に照明を追加したり、手すりなどを追加すると良いと思います。また、階段ではありませんが、ホームエレベーターも少しずつ需要が増えています。
 
床(フローリング)のリフォーム
床(フローリング)は毎日、直接人が触れる場所です。また室内の雰囲気を決定づけてしまいます。床のリフォーム際は、お部屋のインテリアと合わせて考える事をお勧めします。
   
床(フローリング)のリフォーム 用途によってお選びください
床のリフォームは、用途によってお選びください。落ち着いた空間や高級感、木のぬくもりを演出したければ無垢フローリングをお勧めします。また和室にこだわりたい方なら畳、最近ではコルク素材で出来ているコルクフローリングが若い方を中心に注目されています。
 
 
   
床(フローリング)のリフォーム 床暖房機能が充実
床のリフォームの際、簡単に床暖房を導入して頂けます。現在では「畳」や「大理石」でも、床暖房の導入が可能になりました。
和室やリビングなど何処でも床暖房をお楽しみに頂けます。
 
 
壁のリフォーム
壁のリフォームは、壁紙を貼り替えるモノから、壁のそのものを変えるリフォームまであります。しかし、壁のリフォームは室内の印象をガラリと変えてしまう事から、インテリアとの掛け合いや、夜の部屋のイメージ、フローリングとの愛称、天井とのバランスなどを考慮しなくてはいけません。
   
壁のリフォーム 壁紙を貼り替えるリフォーム
基本的に、壁の壁紙を貼り変えるリフォームならお金を掛けずにお部屋のリフレッシュが出来ます。
 
 
   
壁のリフォーム 1ランク上の壁素材を使用しましょう
1ランク上の壁素材には、単なる貼り替える素材と違って、温度の調整、脱臭、有害物質の吸着などの機能を備えた優れものがあります。寝室などに適した素材として注目を集めています。
 
 
階段のリフォーム
階段のリフォームでは、既存のモノに対して素材を張り合わせを行いリフレッシュするやり方と、階段そのモノをやり直すやり方があります。いずれの工法にせよ、階段のリフォームには「安全」で「体に優しい」リフォームを目指しましょう。
   
階段のリフォーム 安全な階段のリフォームとは
高齢者社会が進みバリアフリー化は今では当然のようになっていますが、階段には、年齢に関係なく、手摺の設置、足元に人感センサー付き照明(手摺に照明があるモノもあります)を考えていきましょう。また、階段自体を見直す場合、階段の勾配を緩めるなど、滑りににくい素材で、リフォームにあたります。
(既存の階段に手摺だけを装備する場合、階段がやや狭く感じる場合がございます)
 
 
階段のリフォーム 人のに優しい階段のリフォームとは
人のに優しい階段のリフォームとはなんでしょうか?まずは、柔らかく滑らない材料を使います。この場合、既存の階段に張り合わせるタイプでも十分に対応出来ます。また、階段の勾配を緩めるためにも、途中で踊り場を設けたり、狭いお住まいなら、螺旋階段を採用し面積のいらない階段も出来ます。また、工夫次第で、階段下に収納スペースなども設けられます。
 
 
階段のリフォーム ホームエレベーターの活用
ホームエレベーターが比較的に導入しやすい価格になってきました。近年では3階建のお住まいも増え、高齢者のいるお住まいなら2〜3人乗りのエレベーターが便利です。また、ホームエレベーターの1/3程の余談で、階段昇降機(階段から座って上がっていけるリフトとのようなモノ)もございます。メンテナンスやランニングコストを考えたら、階段昇降機の方が大変にお財布にも優しです。(ホームエレベーターなどの場合確認申請が必要になります)
 
 
収納のリフォーム
長年住んでいるうちに、どうしてもモノは増えてきます。しかし、お住まいを見渡せば、以外にデットスペースがあるのです。収納を有効に使うことでお住まいを広く使うことが出来ます。また平成23年3月に起きた東日本大震災の影響から、大切なモノ程しっかりした収納室に収納したいとの要望が増えています。
   
デットスペースを有効に使い、収納も有効に活用しましょう
お部屋の床や壁など実は大きく有効活用すると大変に便利です。「床を利用して収納率をアップ」「小屋裏を利用、普段あまり使わないモノなどを収納」「壁の厚みを使用して収納させる、不意な来客の場合、壁の収納をシャッターなどで閉じればお部屋が綺麗に見えます」「階段下を収納にさせ、生活家電などを収納させる」デットスペースを有効に利用すれば、お住まいをもうひとつ楽に過ごせます。
 
 
収納のリフォーム 地下室などを作る
狭いお住まいになど地下室を作る事で、収納は全て地下に移し、生活スペースを大きくとれます。また、平成23年3月に発生した東日本大震災のような震災時など、大切なモノを地下に収納しておけば、安全に大切なモノを保管できます。またセキュリティ対策にも効果を発揮します。
 
 
階段や収納などはご家族の成長と共にお考えください。また、床や壁などのリフォームはお住まいのリフレッシュになります。
 
トップページ >> 床・壁・階段・収納
 
 
     
     
     
   
     
 
■業務内容(個人)
リフォーム 床 壁 階段 収納 螺旋階段 フローリング 床暖房
■営業エリア
東京都 埼玉県 (荒川区 北区 豊島区 足立区 台東区 葛飾区 江戸川区 草加市 川口市 )
社名:株式会社 秀和建設
所在地:東京都荒川区西尾久7-42-12
電話:03-3893-5555